毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法
毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群|世界遺産

世界遺産

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群|世界遺産
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群

出典 http://image.dlift.jp

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群

・世界遺産名(和文):デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群
・世界遺産名(英語):Citadel, Ancient City and Fortress Buildings of Derbent
・国名:ロシア(Russian Federation)
・遺産種別:世界文化遺産
・登録年: 2003年

世界文化遺産「デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群」があるデルベント(Derbent)は、ロシア連邦のダゲスタン共和国(Dagestan Republic)にある地方都市で、ロシア国内で最も古い都市とされており、
「アレクサンドロスの門」の伝説が伝わる都市としても知られています。

また、デルベントはロシア国内においてブランデー生産の中心地としても有名です。

デルベントは、カスピ海とカフカス山脈の山間部との間が僅か3キロメートルと平地が極端に狭い通路のような場所に立地していて、戦略的に大変重要な場所に位置しています。そのため、昔から様々な衝突がこの地で繰り返されてきました。

過去には、モンゴルやアラブ、イランに支配されていた歴史もあり、また有名な千一夜物語のカリフであるハールーン・アッ=ラシードが住んでいたこともります。

デルベントの歴史は、紀元前8世紀まで遡ることができ、その後、紀元5世紀頃にはササン朝ペルシャ帝国によってカスピ海沿岸地方の防衛拠点として城塞都市とされました。

(ちなみに、デルベントという名称には、ペルシャ語で「関門」や「閉じられた門」という意味があります。)

デルベントは、ササン朝ペルシア帝国の北部防衛線の要の城塞都市として、カスピ海からコーカサスの山々にかけて並行して走る二重の城壁が建造されて、その城壁の間に町が建設され、当時は難攻不落を誇り、19世紀までデルベントは戦略的重要性を持ち続けました。

※デルベント(Derbent)の周辺の地図は、下にあります。

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群

出典 http://image.dlift.jp

デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群
デルベント(ペルシア語で「関門」の意)は、ロシア北部、カスピ海西岸に位置する。カフカス山脈がカスピ海に迫り、狭い通路となっていることから5世紀に要塞として発達。以後、デルベントは、カスピ海の東から西に延びるササン朝ペルシア帝国の北部防衛線の一部となった。石造の2つの壁からなる要塞は、海岸から山にかけて並行して走り、その壁の間には中世風の構造をもつデルベントの街がある。この要塞は19世紀まで多大な戦略的重要性を持続した。
source: NFUAJ

Citadel, Ancient City and Fortress Buildings of Derbent
The Citadel, Ancient City and Fortress Buildings of Derbent were part of the northern lines of the Sasanian Persian Empire, which extended east and west of the Caspian Sea. The fortification was built in stone. It consisted of two parallel walls that formed a barrier from the seashore up to the mountain. The town of Derbent was built between these two walls, and has retained part of its medieval fabric. The site continued to be of great strategic importance until the 19th century.

德尔本特城堡、古城及要塞
德尔本特城堡、古城及要塞是一度称霸里海东西两岸的撒撒尼波斯帝国的北方国界。该要塞以石头筑成。由海岸上至高山,有两条平行墙作为屏障。德尔本特城便建于两墙之内,保留了其中世纪的部分建筑风格。该遗址直至19世纪仍具有十分重要的战略地位。
source: UNESCO/ERI

Citadelle, vieille ville et forteresse de Derbent
La citadelle, la vieille ville et la forteresse de Derbent faisaient partie du limes nord de l’Empire perse sassanide, qui s’étendait à l’est et à l’ouest de la mer Caspienne. Les fortifications en pierre comportaient deux murailles parallèles formant une barrière du front de mer jusqu’à la montagne. La ville de Derbent s’élevait entre ces deux murailles, et elle a en partie conservé son tissu médiéval. Le site demeura d’une grande importance stratégique jusqu’au XIXe siècle.

出典 http://whc.unesco.org

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅ブロガーになって自由に生きる方法
旅ブロガーになって自由に生きる方法