毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法
毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

【カリヨンの音色を堪能】ベルギーとフランスの鐘楼群|世界遺産

旅行

【カリヨンの音色を堪能】ベルギーとフランスの鐘楼群|世界遺産
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
ベルギー 鐘楼群 世界遺産 世界文化遺産 フランス

出典 http://whc.unesco.org

ベルギーとフランスの鐘楼群 Belfries of Belgium and France

・世界遺産名(和文):ベルギーとフランスの鐘楼群
・世界遺産名(英語):Belfries of Belgium and France
・国名:フランス(France)
・遺産種別:世界文化遺産
・登録年:1999、2005年

世界文化遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」は、フランスとベルギーの合計56(ベルギー:33個、フランス:23個)の鐘楼が登録されています。

当初は、ベルギーの鐘楼だけ登録されていましたが、後にフランスのノール=パ・ド・カレー地域圏、ピカルディー地域圏などの鐘楼が追加登録されました。

ちなみに、鐘楼には「カリヨン」という楽器が備えられ、専任のカリヨン奏者(カリヨネア)が演奏を担当します。

ベルギーとフランスの鐘楼群

出典 http://encrypted-tbn3.gstatic.com

ベルギーとフランスの鐘楼群
登録の対象は、中世に起源をもつフランダース地方とワロン地方の24の鐘楼(アールスト、アントワープ、ブリュージュ、デンデルモンデ、ガン、ルーベン、イーペル、コルトレイクなど)である。現存する鐘楼の形態は多様であるが、その多くはタウン・ホールに、一部は協会に付属するもので、時を経てさらに都市の景観のなかに溶け込み続けてきた。後に、フランス北西部の23の鐘楼群とベルギーの鐘楼が追加され拡大登録。フランス、ベルギーオランダでは、市民憲章で自立・自由を象徴している鐘楼の建設を重視。鐘楼は市議会議員の権力を象徴している。
source: NFUAJ

Belfries of Belgium and France
Twenty-three belfries in the north of France and the belfry of Gembloux in Belgium were inscribed as a group, an extension to the 32 Belgian belfries inscribed in 1999 as Belfries of Flanders and Wallonia. Built between the 11th and 17th centuries, they showcase the Roman, Gothic, Renaissance and Baroque styles of architecture. They are highly significant tokens of the winning of civil liberties. While Italian, German and English towns mainly opted to build town halls, in part of north-western Europe, greater emphasis was placed on building belfries. Compared with the keep (symbol of the seigneurs) and the bell-tower (symbol of the Church), the belfry, the third tower in the urban landscape, symbolizes the power of the aldermen. Over the centuries, they came to represent the influence and wealth of the towns.

比利时和法国钟楼
这些钟楼建于11至17世纪,其中23座位于法国北部,32座位于比利时,它们共同展现了罗马、哥特式、文艺复兴和巴洛克式的建筑风格。钟楼在建立之初是公社通过宪章获得独立的标志,象征着自由。钟楼是城市景观中的第三种塔,可与要塞(封建领主,即封建地主的标志)和钟塔(教堂的标志)媲美,象征着贵族的权力。几个世纪以来,它们已逐渐成为城镇影响力和财富的象征。
source: UNESCO/ERI

Колокольни городов Бельгии и Франции
23 колокольни на севере Франции и колокольня в городе Жамблу в Бельгии дополняют 30 бельгийских городских башен, внесенных в Список всемирного наследия в 1999 г. как объект «Колокольни Фландрии и Валлонии». Колокольни были построены в ХI-ХVII вв. и относятся по своей архитектуре к романскому и готическому стилям, Возрождению и барокко. Это - яркие символы зарождавшихся гражданских свобод. В то время как в итальянских, германских и английских городах обычно предпочитали строить ратуши, в некоторых странах северо-западной Европы (Франция, Бельгия и Нидерланды) преобладали колокольни. Первоначально колокольни возводились в ознаменование независимости коммуны и получения ею хартии, как символ обретенной свободы. В отличие от замковой башни (символа синьора, т.е. – феодального властителя) и церковной колокольни (символа власти Церкви), городская колокольня – третья доминирующая в ландшафте города башня – символизировала влияние городских властей. В течение столетий такие башни олицетворяли мощь и богатство городов.
source: UNESCO/ERI

出典 http://whc.unesco.org

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

タグ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅ブロガーになって自由に生きる方法
旅ブロガーになって自由に生きる方法